How to Make
作  り  始  め  る  前  に

パーツのこと

これがあるから形になります。アクセサリーパーツはビーズの名脇役です。

■パーツの名所は、メーカーによって異なります。
ボールチップ
ワイヤーやテグスなどをはさみ込み、端を始末するための金具。
これがあれば、結び目が隠れて見た目にも美しく出来上がります。

ボールチップ
ご注文はこちらへ

板だるま
とめ具の相手。ボールチップやひきわなどとセットで使用。

板だるま
ご注文はこちらへ

テ-ル(アジャスター)
とめ具の相手。留める部分の長さの調節ができます。

テ-ル(アジャスター)
ご注文はこちらへ

とめ具
ネックレスやブレスレットの端と端をとめるときに。 
ひきわ ナスカン(カニカン) ニューホック
通常よく使います。 ロブスタークラスプとも言われ、ひきわよりもち手が安定し、止めやすい形です。 付けるときはパチンと押し込みはずすときは押し出すだけの使いやすさに魅力があります。おもに、ブレスに使われます。

一連用クラスプ 二連用クラスプ 三連用クラスプ
差込型。見せるためのとめ具。見えてもおしゃれです。  
ネックレスやブレスレットなどに使用するとめ具は、いろいろなタイプが。どれを選ぶかによって全体の印象がかなり変わります。「クラスプ」とは英語で留め金の意

とめ具
ご注文はこちらへ

バー
右から2連用、3連用、4連用バーです。各連を1本にまとめたい場合に。

バー
ご注文はこちらへ

丸カン・Cカン
ボールチップやひきわ、ナスカンなど、パーツを接続するのに使用。
つなぎ目の間があいたり、重なったりしないように、ぴったりとつき合わせてペンチでとじる。

丸カン・Cカン
ご注文はこちらへ

9ピン・Tピン
ビースを通してほかのパーツとつなぐときに。
Tピンはつなぎ終わりに、9ピンはつなぎ途中に。

9ピン・Tピン
ご注文はこちらへ

カシメカン(つぶし玉)
ワイヤーの端やテグスの結び目の始末、ビーズを固定などに使用。
ペンチでギュッとつぶして。

カシメカン(つぶし玉)
ご注文はこちらへ

イヤリング用金具
ぶらさげ台
パーツをぶら下げるオーソドックスな形。
貼り付け台
パーツをボンドなどで貼り付け固定させるもの。
シャワーイヤリング
編みの上にビーズなどを編みこんでモチーフ作るときに。

イヤリング用金具
ご注文はこちらへ

ピアス用金具
キャッチ付き台
ぶら下げ台
丸玉用皿台
お皿の中にボンドを入れ接着する。
芯たて台
芯にボンドでを入れて片穴パーツに接着

シャワーピアス
パーツを編みこんでつくるときに。
貼り付け円盤台
平らな部分のあるパーツを円盤の上にボンドで接着。

チタン引っかけ台
パーツをぶら下げピアス穴に引っかけるだけ。
クリアピアス台

※チタン、クリアピアスはメッキアレルギーがある方・肌の弱い方などはこちらの使用が適しています。


ピアス用金具
ご注文はこちらへ

リング台
カン付リング台
パーツをぶら下げれば出来上がり
アートリング
上部だけ自分で作り、つなげるだけの簡単リング台
コイルリング
形状ワイヤーに、ビーズを通し最後は接着して止めます。

リング台
枠の中へボンドで接着する。

リング台
ご注文はこちらへ

バチカン
ネックレストップをチェーンなどに通してぶらさげるときに。

バチカン
ご注文はこちらへ

ロンデル
タイヤ型のパーツ。玉と玉の間に挟んだり、玉の上下につけたりと、ゴージャス感がでる。スワロフスキーと組み合わせると、GOOD!!

ロンデル
ご注文はこちらへ

ヒートン
片穴のパーツの場合、頭に差し込んで接着し、ぶら下げる部分を作る。

ヒートン
ご注文はこちらへ

ひも止め
丸ひもの先を、ひも止めの溝に入れてペンチで挟む。チョーカーなど作る時に!

ひも止め
ご注文はこちらへ

テグス

ネックレスやイヤリングなど作るときにビーズを通すナイロン製のコード。号数が上がるほど太くなります。おもに2号か3号を使用。リングは細いもの。ネックレスなどで重みの加わるものは太めのテグスか細めを2本どりにしても。鋭角なビーズ(ガラスのカットソロバンなど)を使う場合、角でテグスがすれて切れやすくなるため、強度の強いテグスがお勧めです。


テグス
ご注文はこちらへ

ワイヤー
形をしっかり作りたいモチーフなどに使用。テグスとは逆に、号数が上がるほど細くなる。

ワイヤー
ご注文はこちらへ

ナイロンワイヤー
やわらかいワイヤー。テグスと同様、利用度が高い。ビーズの間から見せる使い方も。
形状記憶合金を使用したパーツ。ビーズを通して端を始末するだけでブレスレットやチョーカーが完成。

ナイロンワイヤー
ご注文はこちらへ

ゴム
身体にフィットさせたいアクセサリーに使用。

ゴム
ご注文はこちらへ


アクセサリー材料は、他にも多数ございます。
アクササリー材料・パーツ 商品一覧はこちらへ


copyrigt c 2010 eclat All rigts reserved.